ヨチヨチひよこ と ひよこの神さま

「GREEDY CHICK」は2011年1月より改名しました。
ヲタ話題を中心にした、まったり更新日記です。

スポンサーサイト

2012.09.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    オメガ計画ってご存知ですか?!私はたった今知りました!(おい

    2011.05.16 Monday 00:33
    0
      こんばんは、たった今「オメガ計画」なるものを知って大興奮している管理人です。
      政府が行っている計画で、きちんと一次資料で確認できたのでこちらでも報告させて頂きます。

      自民党の政治家、浜田和幸氏のブログにて「放射性物質の安全処理の切り札「オメガ計画」の行方」なるものが紹介されていました。
      なんだかSFちっくな名前の計画ですが、ウィキペディアによると
      「Option Making of Extra Gain from Actinides and fission products の頭文字(OMEGA)をとったもの。
      長寿命核種の分離変換技術研究開発長期計画の通称。
      半減期の長いネプツニウム、アメリシウム、キュリウム等のマイナーアクチノイド核種や、セシウム137、ヨウ素127のような核分裂生成物を含む高レベル放射性廃棄物を、ガラス固化体にして地中に埋設するのではなく、四つのグループに分離した上でそれぞれを利用したり、核反応を利用して消滅を促進させることをねらいとしている。」

      はい太字のところテストに出ますよ!(何のテストだ)
      ただいま福島を絶賛汚染中の、あの半減期30年といわれているセシウム137を「核反応を利用して消滅を促進させる」試みを、日本はきちんと研究しているそうです。
      PDFですが、一次資料はこちら→

      私の脳みそでは表面をなでる程度の理解もできませんが、どうやらプルサーマル計画の一環として、核燃料のリサイクルや最終処理に至る一つの処理方法のようです。
      高速増殖炉もんじゅが危機的状況にあるため、残念ながら核燃料リサイクルの夢は当面厳しそうですが、このオメガ計画で素晴らしいのは「半減期の長い放射線を短くするぞ☆」という方向で進めているようです。
      常々「人類はいづれ核物質を分解組み合わせたり制御する技術を確立するだろう」と書き連ねてますが、その第一歩はとっくに始動してたんですね。書いてる本人は遥か未来の話だと思っていたのに。。。

      この計画は、あくまで使用済み燃料のリサイクルのための技術であって、汚染された土壌や水を洗浄する方向のものではないようです。それでも、それでも凄いんじゃないですか?
      土壌のセシウムを吸い出す技術さえ確立すれば、それを集めて消滅させることも考えられます。ヒマワリや菜の花にセシウムを吸わせて土壌を洗浄する技術があるそうなので、(これも賛否両論のようですが)吸わせたセシウムを消滅させる技術があるなら有効な方法じゃないでしょうか?
      そう思うと、全く絶望的に思える現状が少しでも明るく見えるのは私だけでしょうか?

      ぜひ周囲の皆さんにもオメガ計画のことを伝えて頂ければ嬉しいです。
      ネットですら話題にならなかった話だけど、なんか希望が見えてきたような気がするぞ!


      ※今回の話と関係ありませんが、浜田和幸氏のブログにて「TPPをめぐる水面下の攻防戦」という興味深い記事があるので、ぜひこちらもご覧の上拡散して頂ければと思います。


      JUGEMテーマ:日本の危機を救え


      天災関連 | comments(4) | - | - | - |

      スポンサーサイト

      2012.09.13 Thursday 00:33
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        オメガ計画はうまくいってません。原因はコストの問題と長寿命核種の無害化が実際には技術的にかなり困難なことです。 結論から言うと、原発を廃止した方が全体の費用が少なくて済みます。

        ↓ これは、2003年の報告書ですが、その後顕著な進展は見られないようです。
        http://www.rist.or.jp/rist/rnews/35/02-18.pdf
        | もえおじ | 2011/05/23 1:59 AM |
        もえおじ様コメントありがとうございました。お返事が大変遅れてすみません。
        コスト問題は、2003年より現在のほうが本気出して予算が出せると思いますが、技術的にまだ厳しいのは辛いですね。まだ現在の人類のレベルには早すぎたエネルギーなのかもしれません。
        しかし、いきなり止めるのは産業が崩壊して失業者が激増してしまうし、現行タイプの原子炉は数十年かけて徐々に減らしていくしかなさそうです。
        いつになるか分かりませんが、必ず核物質の分解融合制御は成し遂げられると確信してます。
        | 柳楽(管理人です) | 2011/06/19 5:50 PM |
        こんばんは。いま既に逼迫しすぎている核廃棄物の無害化について探し回っていて、ここへたどり着きました。最初に行き着いたのは、こちらに書かれているオメガ計画についてでした。次に行き着いたのは、ポール・E・ブラウン博士の光改善法というもの。たぶん、まるで違うのだとは思いますが、中和させるということ自体は繋がるのではと考えてしまいます。どちらもSFちっくな雰囲気を持っていますが【理論上】は、可能なものなのでしょう。後は・・どこまでこの日本が本気になるか・・なのでしょうね。
        | まゆみ | 2011/11/01 6:54 PM |
        まゆみ様、この度はコメントをありがとうございました。お返事が大変遅れてすみません。
        ブラウン博士の光改善法は知らなかったので、勉強になります。

        核物質の無害化ですが、人と予算を全力で投じれば必ず成し遂げられると実感しています。
        もちろん国家予算級のお金が必要ですから、政治家や政党に予算を投じることを訴え続けることがいちばん大事だと思います。
        頑張って訴え続けていきましょう!
        | 柳楽(管理人です) | 2011/11/08 7:35 PM |

        コメントする